風が吹いたらインチク作成でしょ

インチクの自作を初めて1年ちょっと


だいぶ型作りも馴れてきました


今回はマスター(原型)に力を入れてみました


鉛のインゴットから削りだし磨きをかけて何度も何度も計りに乗せながら


出来上がったのがコレ
IMG_0835.jpg
今までよりも多少エッジを効かせてみました


マスターが出来れば今度は型づくりです


四角の土台に粘土を均等に敷き詰めています
IMG_0893.jpg


その上に今回作り直した60gと35gのマスターをセット
IMG_0896.jpg
ピンクの棒で作る凹みは型を合わせた時のずれを防止するために施します


いよいよシリコン投入です、この時シリコンと凝固剤をよく混ぜるのがキモです
IMG_0898.jpg
流し込み
IMG_0905.jpg


シリコンが固まったら枠を外して粘土を洗剤等で綺麗に流します
IMG_0916.jpg


次にこの上からシリコンを流す前にラッカーを吹きます
(こうしないと型がくっついてしまって失敗におわります)
IMG_0917.jpg
今回吹いたラッカーはタイラバ鉛の塗装に買ってたやつを流用、100均のラッカーで十分ですよ



再び枠を付け、マスターをセットしたらさっきの要領でシリコンを流し込みます
IMG_0918.jpg
IMG_0907.jpg


固まったのを確認し枠を外していきます
IMG_0924.jpg


上手く型が剥がれました 成功です ラッカーを吹かずにすると絶対に剥がれませんから注意
IMG_0925.jpg
IMG_0926.jpg


彫刻刀で鋳込み口等を彫り、アイの取り付け穴をルーターで掘れば型の完成です
IMG_0929.jpg
IMG_0932.jpg



後は溶かした鉛を鋳込むだけ



※鉛は溶かす時に有毒ガスを発生させますので場所、換気等十分に注意し自己責任でお願いいたします。



私のブログにてインチクの作成方法や販売について多数メッセージをいただいておりました


ので今回、記事にさせていただきました。


販売の方は一人で作成していますのでなかなか量産が難しいため少量ずつ出品していこうと思ってます


よろしかったらこちらでお買い求めください。m(__)m
スポンサーサイト

プロフィール

ぐん

Author:ぐん
1967年生まれ
福岡県粕屋郡在住

釣りを始めてかれこれ40年
老眼と共に釣りから離れつつあります
カヤック~SUP
50才にして波乗り勉強中

PR

Facebook

汐データ

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

訪問者数

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム